<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

保存野菜で

去年の暮れに、豊作だった大根をとりあえず土の中に埋めてみました。
本格的にはムロを作るそうですが、にわか農民はお気軽なもんです。
f0079157_23324777.jpg

そうして少しずつ掘り出しては食べていますが、味は新鮮そのもので、
これはいい方法かも♪と、ひとりニンマリしています。
f0079157_2332599.jpg

掘り出してきた大根は、また天日干しにしたりしますが、
今夜は「大根ポトフ」でいただきました。
前夜から薪ストーブの上で、大根と牛すね肉をコトコトしたのです。
スープがしみこんだ大根の、柔らかくて美味しいこと♪
f0079157_23333045.jpg



こんな冬の暮らしも、あとわずかでしょうか。
アセビ」の蕾も、だいぶ膨らんできました。
f0079157_23364759.jpg

[PR]
by kero0131 | 2008-02-29 23:46 | 食べる

ドラマ

f0079157_23122275.jpg

強風の吹き荒れた日曜日、息子の小学校時代の同期会があった。

我が家もそうだったけれど、この小学校の生徒は社宅族がほとんどだ。
親の勤務先は全国に散らばっているので、
今では、かなりの同級生が引越ししてしまっている。
この日は、ふだん会うことも無い友達が、
遠くは北海道や三重・仙台などから駆けつけたらしい。

卒業してから初めての同期会は、それはそれは楽しいひとときで、
共に頑張った少年野球の仲間達では、夜を徹した話が弾んだようだ。
翌朝に帰宅して、「みんな、それぞれ夢に向かって頑張ってるんだ。」
と、眠そうな目ではなく、嬉しそうな目で報告してくれた。

そんな青春真っ只中の話を聞いていたら、
先週終わったTV「フルスイング」のシーンが浮かんできた。

30年間、プロ野球界の名コーチで、
(落合やイチローなどを育て、伝説の打撃コーチと呼ばれていた。)
一転、なんと59歳で高校の教師になり、
そして、わずか一年余りでガンで亡くなってしまった高畠導宏さんのドラマだ。

毎回、その熱くて温かな中年新米教師の姿に感動したけれど、
最終回、卒業式で生徒に向けた「氣力」という言葉と、
「”9回裏ツーアウトランナー無し”でも、あきらめるな!」と語るシーン。
(そう、少年野球のそんな場面で逆転!の試合もあったっけ。)

大人の胸に響いた言葉を、ぜひこの若者達にも届けたい・・・。
同級生のひとりひとりの顔を思い浮かべながら、そう思った。
そして、「大きな耳・小さな口・優しい目」の言葉は、私の教訓にしようと。
(マッタク、ハンタイニイキテイル、ジブンダカラ)
いま、自分が持っている力で「フルスイング」!

このドラマは学校が舞台だったけれど、
原作本は、作者が高畠さんの野球生涯を中心に書いた本だ。
かつて野球少年だった家族にまわし読みしよう、とさっそく読み始めた。
プロ野球界の内側や歴史もわかって、素人の私でも面白そうだ。
f0079157_230221.jpg

あまりTVドラマは見ないけれど、久しぶりに夢中になったドラマだった。
俳優さん達も、とても良かった。

・・・・・・・・・・・・・

読書のお供に、こんなスイーツはいかがでしょう。
f0079157_2302641.jpg

”おかき”で有名な播磨屋の「淡甘納豆
チョコにくるまれた丹波黒豆が、名前のとおり淡く上品な甘さになっています。
f0079157_2303882.jpg

ここのお煎餅は大好きだけど、
こちらもやみつきになりそうな美味しさです♪

[PR]
by kero0131 | 2008-02-27 23:16 | お気に入り

最近のお気に入り

このごろ、よく聞いているCD。

いくつになっても相変わらずハリのある、透き通った歌声の「小田和正
f0079157_2350524.jpg

ハスキーな高音と低音が魅力の「平原綾香
f0079157_23502472.jpg

家事をしながら口ずさんだり、
明かりを落とした室内で、ぼーっと聴いていたりする。

いずれのCDも、自己ベスト。
以前買ったCDに入っていた曲が、もちろん有るのだけれど、
ケチな私は、こんなCDが出るまで待てばよかった、なんて思ってしまう。


f0079157_23511970.jpg

玄関口には、元気印のクリスマスローズ

[PR]
by kero0131 | 2008-02-24 23:55 | お気に入り

薪ストーブでⅢ

f0079157_13275156.jpg

ホークスみよし」さんって、ご存知ですか。
那須の森の中に在住の、ステンシル作家です。
料理がお得意で、料理本も何冊か出されています。
その温かそうな人柄と暮らしぶりに、私は以前からファンです。

↓の本は、もう絶版(中古本で二倍以上の値段になっているらしい)だそうですが、
写真を見るだけでも楽しく、ときどきストーブ料理の参考にもさせてもらっています。
みよしさんは、本格的にクッキングストーブをお使いなのです。
f0079157_13281445.jpg

昨夜は、その中から「ベーコンと金時豆のパスタスープ」をチョイス。

材料(ニンニク・玉ねぎ・厚切りベーコン・セロリ・エリンギ・豆)をオリーブオイルで炒め、
トマトやスープを加えた鉄鍋を、薪ストーブの上に置いてコトコト・・・。
最後にパスタを足したら、いつのまにかトマト味のコクのあるスープができあがりました♪
(スープというよりシチュウかな?)
f0079157_13555913.jpg

昔からお豆は大好きで、ついつい甘い煮豆にしてしまうのですが、
こんなスープにすると、いまどきの若者も食べてくれますね。


こちらは、先日、お客様との宴の始めに食した「サーモンディップ」。
生鮭から作りましたが、サワークリームの爽やかさがきいています。
薄切り大根やクラッカーに載せて・・・白ワインが進みます♪
f0079157_1333426.jpg

キャセロールひとつあれば出来る、温かくてカントリーな品々。
作ってみたい料理がたくさん詰まっている、貴重な本です。


f0079157_1340064.jpg

ようやく咲き始めた「クリスマスローズ
うつむいた姿に、まいとし憧れる。

[PR]
by kero0131 | 2008-02-22 13:42 | 薪ストーブ

ものづくり

わが家の向かいの家が、建て替えられた。
有名なハウスメーカーの家。11月末に着工し先週完成した。
f0079157_22521456.jpg

工事の挨拶を受けた時、3ヶ月あまりで完成することに疑問を感じたけれど、
ちゃんと予定期日に出来上がった。

それもそのはず、
工事は日曜もほとんど無く、毎日朝7時ごろから12時間ほど仕事をしていた。
最後のほうは、なんと夜中の24時まで照明つきで作業していた日もあった。
しかも翌日の7時には、もう車が到着! まさに突貫工事の様だった。

ハウスメーカーといっても、実際は下請けの工務店が作る。
こんなに働いて、いったいどれだけ貰えるのだろう。
労働に見合った稼ぎがあるのだろうか。
と、職人さん大好きな私は、ちょっと気になった。


f0079157_22573080.jpg

バラ咲きの「プリムラ・ポリアンサ」。
こんな綺麗で可愛いお花が、一株たったの50円!で手に入った。
栽培した人には申し訳ないような値段だった。 (嬉しいけれど)

ものづくりに見合ったマネーって・・・ふと考えるこのごろ。

f0079157_23241264.jpg

[PR]
by kero0131 | 2008-02-19 23:00 | 暮らし

外作業日和

風も無く、穏やかな朝。
あら、お出かけ日和ね♪ と、いつものように浮き足だす私。

なのに、暮れのデッキ塗りの続きを、はたと思い出してしまった。
で、あぁそうだったね・・・と心入れかえ、作業日和となった。

向かいのおうちが綺麗になって、
わが家のみすぼらしい板塀が、気にもなっていたし・・・。
f0079157_22334089.jpg

            (あの~、葉っぱも塗ってません?)

今日一日で、すべてが終わる訳はなかったけれど、
見違えるようになった板塀を見て、
こんなのなら、お正月前に終わらせるべきだったね、と思うのだった。
f0079157_2234029.jpg

雪国の人には申し訳けないほど、
真冬にこんな外作業ができる事は、感謝ものなのだろう。

そして、お疲れのお茶受けは、「蒸しケーキ」。
ちょっと膨らみが足りなかったけど、美味しくできたつもり。
f0079157_22342814.jpg

さて、作業の続きはいつになるのだろう・・・(^-^)

f0079157_22353421.jpg

なんだか笑っているような、「ボケ」の蕾。
モウスグダネ、モウスグネ♪

[PR]
by kero0131 | 2008-02-17 22:54 |

バレンタインデーなので。

f0079157_23222122.jpg

今夜は、薪だってこんな形です(^-^)
(でも、あっという間に燃え尽きる・・・。)


そして、今年も”自分チョコ”を買ったのでした。

ピエール・マルコリーニ(ベルギー)のチョコレート。
年に一度の大人買い♪  うふ、今日はいい日です。
f0079157_232028.jpg

そうそう、今朝、アメリカンスクールの女先生が、花束を手にしてました。
アメリカのバレンタインデーは、身近の人に愛を伝える日とか。
だから、男性が女性に花束をプレゼントする事が、多いそうです。

来月のホワイトデーを含め、商魂に踊らされてる日本人(ワタシも)とは、大きな違いですね。
(でも少しずつ変わってきたかな。 職場の義理チョコも少なくなったし。)

たしか、去年のバレンタインは春一番がふいてました。
でも今年はまだまだ、北国は寒気で大荒れのようです。
f0079157_23192792.jpg

冬装いの「オケラ」の花。

[PR]
by kero0131 | 2008-02-14 23:29 | お気に入り

お昼

ほぼ毎朝、お弁当を作っています。
若者向きはもう卒業したので、今はこんなジミ弁です。
f0079157_217320.jpg

夫のランチBOXは、子供が小学生時代のもの。
今日は、玄米ではなく黒米です。
コレステロール過多の私は、卵焼き抜き・・・悲)
前夜の残り物など手抜きですが、なぜかMy弁当は美味しいものです。

そして、週1~2回は早弁(時刻ではありませんよ。)して、
ランチタイム卓球をしています。
激しい運動ではありませんが、反射神経や目の運動にも良いようです。
f0079157_2173592.jpg

最近は、「ピンポン」から「卓球」に昇格したでしょうか。
オバサンスマッシュが決まる確率も、高くなりました。
ふふ、おばあちゃんになっても続けたいスポーツです。

f0079157_21821100.jpg

春の使者「デージー」が咲き始めたけれど、
今日は北風ビュービューの寒~い一日でした。

[PR]
by kero0131 | 2008-02-13 22:19 | 食べる

来秋の楽しみ

二日酔いのツレさんを叱咤激励して、今日の午後、椎茸菌の接種をしました。
先日の薪集めで、手頃な原木を確保していたのです。

まず、ドリルで穴を開け、
f0079157_1738930.jpg

この種駒を打ちこみます。
f0079157_17382853.jpg

でも500個入りは多すぎて、半分は廃棄です。(モッタイナイケド)
f0079157_17385299.jpg

トンカチでたたいて
f0079157_17434630.jpg

さて、出来上がりです。
f0079157_173974.jpg

庭の隅に寝かせて水をかけ、乾燥しないようにビニールをかぶせ、
しばらく仮伏せしておきます。
f0079157_1739273.jpg

で、5月ごろ立てかけておけば、
来秋には、正真正銘の国産椎茸が食べられるはず♪(希望的観測)

こちらは、じゃがいもの種イモ。
春の植え付けの前に、じゅうぶんお日さまに当てるのです。
これは、今夏のお楽しみ♪
f0079157_1740193.jpg

春が待ち遠しいですね。
(ツレさんは、この作業終了後、またつぶれました。(マッタク、モウ・・・))


f0079157_17403671.jpg

               (冬枯れのウツギ?の実)
[PR]
by kero0131 | 2008-02-11 17:58 | 暮らし

冬のお出かけⅡ

先週末、栃木県のここにも足を伸ばしました。
今年は、ネズミ年ですし・・・。
f0079157_21171815.jpg

いわむらかずお」さんの本は、子供によく読み聞かせをしたものですが、
私も大好きな絵本ばかりです。
その原画を、ここでたくさん観ることができます。
子年にちなみ、絵本に登場する野ネズミ君たちの紹介コーナーもありました。
f0079157_21195658.jpg

              (窓のロールカーテン?に映る建物)

美術館は、完成してから今年で10年目になるそうですが、
完成早々に子連れで訪れた頃より、いちだんと味が出てきました。
やっぱり自然素材でできた建物は、いいものですね。
地元の八溝杉や唐松を使い、太陽熱も取り入れています。
f0079157_21181476.jpg

小高い丘に建っているので、
カフェからは、遠く日光や那須の山々、那珂川の流れを望むことができます。
f0079157_21183343.jpg

館内で上を見あげると、ネズミ君たちが笑っているのでした。
f0079157_2120399.jpg

周辺には、雑木林や農園があります。
こんな自然の中から、楽しい物語が生まれるのですね。
時期になると、子供達との様々なイベントがあるようです。
f0079157_21191659.jpg


          そうそう、わが家のチュー助は、どうしているんでしょ。
[PR]
by kero0131 | 2008-02-09 21:37 |