「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:畑( 28 )

実りの秋

なんとも奇妙な野菜があるものだ。

こんな小さな花が咲いた後、
f0079157_22395571.jpg

子房の先端がどんどん伸びてきて、土中に侵入する。
f0079157_2312219.jpg

そして、土の中でその先っぽに実ができる、不思議な野菜。
インゲンのように地上にぶら下がってできるもの、と思っていた私には驚きだった。

その「落花生」を初めて収穫した。
見えない土の中から、こんなものが出てくると嬉しくなる。
f0079157_22411392.jpg

で、さっそく茹でて食べてみた。
f0079157_22414284.jpg

う~ん、これは絶品なり♪  ほんのり甘くてほっこりして・・・。
夏草との苦労を忘れ、来年はもっと栽培を増やそう、な~んて思ったりする。


場所を移したせいか、今年の出来は悪かった「サツマイモ
しかも、何故かヒゲ根が多いような・・・。
ま、このイモの冬越しは難しいから、このくらいで充分かな。(と、負け惜しみを言う^_^;)
f0079157_22423939.jpg



みごとに育ってくれた「ターサイ」。
f0079157_22431139.jpg

この菜はクセがなくて、これから重宝な青菜として食卓に乗る。
今夜は、シンプルにお浸しで。
f0079157_22434987.jpg


収穫した「大根」で簡単サラダ。
f0079157_2245223.jpg

採れたて野菜は、素材を生かしたシンプルな食べ方が一番だと思う。


それぞれの、秋の歩み。
f0079157_2256530.jpg

[PR]
by kero0131 | 2009-11-01 23:05 |

迷惑な野菜

とんでもない野菜を植えたものだ、とつくづく思う。

天然のインシュリンとして糖尿病にいいと聞いて、去年植えた「菊芋」。 たしか一株50円だった。
f0079157_23321273.jpg

その堀り残しがあったらしく、今年は植えた覚えがないのにアチコチ芽が出てきてニョキニョキ育ち、
なんと去年以上の3m近い植物になってしまった!
f0079157_23322776.jpg
根っこにヤーコンのような芋をつける「菊芋」
その根は四方八方・傍若無人に、しかも1mほどの深さまで伸びる。
去年はその性質を知らなかったから、きっと掘り残しをしたのだろう。

その凄い生命力は土の養分をすべて吸収し、まわりの土は枯れた状態になるらしい。
だから来年にまた芽が出てこないように、徹底的に根を抜くことにした。

根を切らないように、まるで遺跡発掘作業のように慎重に、シャベルで深く土を掘っていく。
これは根性と体力の無い私には、かなり酷でシンドイ作業だった。  (白い塊りが菊芋) 
f0079157_23324967.jpg

大きな穴に入り込んでコツコツ掘っている姿は、まさに「墓穴を掘る」そのものなのだった。  トホホ)

今回は半分しか掘れなかったけれど、それでもかなりの収穫だった。
(くたびれて写真を撮らなかったので、去年の菊芋の写真)
f0079157_23331164.jpg

でも本心はあまり嬉しくない。 もう掘るのは嫌だ。 菊のような花はキレイだけど・・・。


かたや、ご利益がありそうな当人は、「稲刈り」に借り出されていた。
f0079157_23332770.jpg

心配したけれど、どうやら今年の収穫は上々のようだ。


庭でできたアケビを頂いた。
f0079157_23362251.jpg

皮をキンピラにしてみたら、ほろ苦くて美味しかった。 
f0079157_23363456.jpg

こんな収穫なら嬉しいけれど、ね。
[PR]
by kero0131 | 2009-10-14 23:45 |

まあるい赤

f0079157_2233534.jpg

秋が近づくと、こんな実を見つけたりする。
なんの実だろう。 めだたない木がお洒落して、ちょっと注目される。

こちらはまだかな。 小さな林檎「ヒメリンゴ
f0079157_22332464.jpg

これから、赤い実があちこちで見られるだろう。 ”まっ赤だな、まっ赤だな~♪”の秋近し・・・。


夏のなごりの「ミニトマト
f0079157_22335082.jpg

プランター栽培と違って、地植えってどうしてこんなに甘くなるのだろう。 しかも皮も薄くて食べやすい。

下に落ちてるトマトだって、しっかり拾って食べるのだ。
f0079157_22341038.jpg

あんまり沢山採れたので、marikoさんとこで見た「ドライトマト」にトライ♪
f0079157_22342515.jpg

でも・・・その後、雨降りの日が続き、カビてしまった。 悲)
あ~あ、そのまま生食すればよかったか。 水分が多い干し野菜は難しい。  


昔にかえって遊んでみよう♪ と、種をとるべくモミモミしている「ほおずき
でも、たぶんうまくいかないね。 短気だもの。  (と、言うそばから破いてるし・・・^_^;)
f0079157_2235127.jpg

[PR]
by kero0131 | 2009-09-03 22:47 |

畑のおまけ

f0079157_23293589.jpg

この花が見たくて、初めて種を播いたのだった。
なのに、夏も終わりの今ごろになって、ようやく思いが達成した。(おおげさ)

世間並みから大幅に遅れをとった「オクラ」の花。
f0079157_23295874.jpg

その、天を突くような実のなり方にも、ちょっと惹かれる。
f0079157_23301811.jpg


さて、これは何に見えるでしょう?
f0079157_2330579.jpg

こちらはヒソヒソ話かな?
f0079157_2332126.jpg

”植え込む1週間前に切っておくといい” という記事を鵜呑みして、
みごと切り口がカビてしまった「ジャガイモ
ダメもとで植えたら、なんとこんな形のイモがごろごろ出てきた。 悲)
f0079157_23323230.jpg

ま、これも家庭菜園の面白さ、という事で・・・。(と、負け惜しみを言う自分)


こういう姿が楽しみで、お遊びで植えてみた「デラウェア
摘んで食べたら、イッチョマエに甘くて嬉しくなった♪
f0079157_23332933.jpg

いつの日か、葡萄棚の持ち主になれるかな? (^-^)
[PR]
by kero0131 | 2009-08-31 23:40 |

夏の畑

田んぼは緑一色にかがやき、日本の里の風景、そのものです。
f0079157_1101492.jpg

でも今年は冷夏とか・・・。 実りの秋に、農家の人の努力に見合った収穫があるでしょうか。

小さな稲の花が咲いています。
このとき夏らしい暑い日が続かなければ、低温障害や日照不足のため不作になってしまうのだとか。
f0079157_14381646.jpg


私のささやかな畑も、今年は夏野菜のできが悪いのです。
「ジャガイモ」は例年の半分ほどだし、「枝豆」も「ピーマン」も「オクラ」も・・・。
そういえば道の駅やスーパーで「ズッキーニ」を見かけませんね。

そんな中、初めて作った「金時豆」を少し収穫しました。
ちょっと色あせてたり、反対に芽が出はじめたりしてましたけど、いつも初物は嬉しいものです。
f0079157_111457.jpg


途中で腐ってしまった実もあるけれど、それでも懲りずに「かぼちゃ」の花は次々と咲いています。
f0079157_1114382.jpg


こちらは、小さな「落花生」の花。 雨に負けるな! ガンバ!!
f0079157_1122722.jpg


酷暑も辛いけど、夏は夏らしく・・・と、願うばかりです。
f0079157_11104193.jpg

[PR]
by kero0131 | 2009-08-04 11:12 |

初めて、は嬉しい。

あの「ニンニク」は、小粒ながらも一応それらしい姿をしていた。
f0079157_23103810.jpg


後ろの一片の「ニンニク」は、道の駅で買ったもの。
やはり、自作は小さかった・・・^_^;
f0079157_231938.jpg

でも、大好きなニンニクが自分で作れるなんて・・・と、おおげさだけど少し感激している。
来年こそ、大粒大量生産を目指すのだ。 (^_^)v

ちょうど、「じゃがいも」も収穫できた。
春の雨不足が影響したか、今年は量は少ないかな。 でも収穫は楽しい。
f0079157_2312877.jpg


で、小粒の新じゃがと新ニンニクで、定番のベーコン炒めに。
これが、ビールに合うこと♪
f0079157_2365861.jpg


じゃがいもとニンニクは自作だから、これにベーコンまで自作したら完璧ね。

・・・と、こんな本を買って、お願いすることにしたのだけど、さてさて実現はいかに。 
f0079157_2371512.jpg


最近よく耳にした言葉 ”ねじれ” 花。
f0079157_23283637.jpg

[PR]
by kero0131 | 2009-07-25 23:32 |

育って良いもの、困るもの。

これって、な~んだ?  ヒント、花が咲いた残骸で、独特の匂いがします。
f0079157_22482124.jpg

この形で、もうお解かりですね。 

そう、「にんにく」の実?です。

アラおもしろい♪ と写真に撮りましたけど、後で調べたら、
花(にんにく坊主)は、早めに刈り取ってしまわなければ、土中の「にんにく」が大きくならないのだそうです。
その花がこんな姿に育ってしまっては、もう後の祭り、ですね。  
どうやら、大きな収穫は期待できそうもありません。  悲)


これも、大きく育ちすぎました。
上に乗っているのが、普通の「きゅうり」です。
なんともはや・・・この野菜の成長にモタモタしていられません。
f0079157_22443049.jpg



反対に、育って嬉しい「ツバメ」のヒナたち。 巣立ちもまもなくかな。
f0079157_22444995.jpg

こちらは、巣を落としてしまったのでしょうか。
誰かがティッシュの箱で巣箱を作ってくれたようです。  良かったね♪
f0079157_22451371.jpg



なんだかヘンな感じに撮れました。 「タチアオイ」の花。
f0079157_22454865.jpg

この花も大きく育ちます。
[PR]
by kero0131 | 2009-07-08 23:07 |

ブルーベリー

ライムグリーンの実が、少しずつ膨らんで、
f0079157_138985.jpg

色も次々に変わっていき、
f0079157_1382673.jpg


そうして、一粒ずつ摘む嬉しさと、収穫の喜びを与えてくれるのだった。
f0079157_238401.jpg

わずか60センチほどの一本の木から、今回だけで1キロ!

まだまだライムグリーンは残っているし、
他の小さな木も、小粒ながら収穫の時期を待つ。
f0079157_1395276.jpg


今朝、そのうちの1/3は、こんなジャムに変身した。
最近、目を酷使しているから、毎朝ヨーグルトにのせて食するのだ♪
f0079157_13142226.jpg


ひょっとして、キミもお好きなの?
f0079157_13103582.jpg


梅雨時期だって、それなりに楽しい。
[PR]
by kero0131 | 2009-07-05 13:22 |

オマケの収穫物

秋にレンゲソウの種を播いたのに、翌春にその姿も見えず・・・。
なのに今、その場所にいちめん蕎麦の花が咲いていた。
f0079157_2318249.jpg

去年の夏に播いた蕎麦のこぼれ種から、花が咲き始めたのだった。
やはり、蕎麦はたくましい。
f0079157_23403669.jpg

そうそう、あのとき張りきって挽いてもらう段取りまでしたっけ。
そしてシンドイ刈り取りやタイヘンな種の選り作業をしたのだけれど、
結果、5キロ弱しか採れなかった。

だから、めげて種はいまだ玄関の片隅に置いたまま・・・。
これからは、少しずつ花だけを楽しむことにしよう。 (な具合に、軟弱なジブン)
f0079157_23204612.jpg



こちらは正直者のラディシュ(二十日大根)
f0079157_23211786.jpg

二十日で食べられるのはいいけれど、時期を逃がすとこんな姿になるのだ。 ^_^;
f0079157_23213094.jpg



かたや、育ちすぎたキヌサヤは、豆だけ出して「グリーンピースご飯」もどき「豆ご飯」になった。
f0079157_23214886.jpg

小粒だけど、けっこう美味しかったな。


いつのまにこんな季節にもなった。 今年も、もぎたて梅をいただいた♪
f0079157_2324637.jpg

去年の梅を出さなければ・・・。 あぁ、一年はあっというまに過ぎていく。
[PR]
by kero0131 | 2009-06-15 23:44 |

5月の収穫

野菜は正直。
きちんと手をかけてあげれば、きちんとご褒美をくれる。
f0079157_2391492.jpg
見てくれはイマイチだけど、かなり甘くて美味しい。
大きいのはそのままパクリ、で小さいのはジャムかな。
f0079157_2393856.jpg


これは食べてはいけません。 ”これこれアリさん、ヘビになっちゃうよ!”
f0079157_2395582.jpg


翌日の収穫。 キヌサヤももてあますほど取れた♪
f0079157_23101012.jpg


かたや、とり忘れた人参。 こんなに葉っぱが育ってしまってはダメね。 こんな失敗もある。 ^_^;
f0079157_23102593.jpg


傍で見つけた「アマドコロ」の花。 小さくひっそりと。
f0079157_23103999.jpg

[PR]
by kero0131 | 2009-06-01 23:15 |