「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 3 )

久しぶりに

ご先祖様二人の、33回忌と50回忌の法事に行ってきました。
f0079157_23185542.jpg

家の二階窓から見る田舎の眺めは、
何ひとつ変わらず、まるで時間が止まっているようです。
この、いつも変わらない景色は、心を穏やかにさせてくれます。


f0079157_23193486.jpg

これは、母屋を建て替えて以来、
ずっとそのまま張り替えずに使っている障子。
直接日が当たらないからか、
41年たった今でも、その風合いが変わっていません。


f0079157_7551851.jpg
家の門です。








f0079157_23331825.jpg
















でも、60代に若年性認知症にかかってしまった義母は、
今ではもう、愛する息子達の顔さえ認識できないほど
すっかり変わってしまっているのでした。

この旧家を一人できりもりし、
いつも温かい笑顔で迎えてくれた、義母の姿を思い出しては
悲しく、そして可哀想で、胸がつまる思いでした。

明日18日は、敬老の日です。



f0079157_8101094.jpg

[PR]
by kero0131 | 2006-09-17 23:29

バトン

sansanさんからバトンが回ってきた。 ん?何それ?バトン???
・・・で、受け取るべきか落とすか迷ったけど、まあ遊び心で、ちょいと記入しましょ。

1、まず、回す人3人を最初に書いておくのですね。
   ☆ kimukimuさん
   ☆ usiobasanさん
   ☆ moさん
  よろしかったらバトン受け取ってくださいな。でも決して強制ではありませんよ。

2、名前は?
   keroといいます。若かりし頃からの愛称です。
   今では、友達の子供からも、keroちゃんと呼ばれてます(^・^)

3、おいくつですか?
   おほほ、かなりのオバサンですよ。脳年齢は若いつもりですけど。

4、職業は?
   結構、お堅い(つまらないともいう)仕事してます。
   その反動で、週末は遊ぶことに夢中です。

5、趣味は?
   土&植物いじり・手芸・テニス・スキー・山歩き・絵描き・フルート・薪集め 
   そうそう、最近は卓球にもハマッテます。
   やりたい事が多くて、仕事している場合じゃない!って、よく思います(^・^)

6、好きな異性のタイプは?
   ケチでおしゃべりな男性は、苦手ですね。
   サッカーは詳しくないけど、以前から中田英寿が好きでした。
   高倉健も好きだから、寡黙で、ちょい翳があるような人に惹かれるかも。

7、特技は?
   さて、何だろう・・・かなりの器用貧乏だし。
   崩れない薪積み(変か) 必殺蚊ごろし(コワ!ただ手が大きいってこと)

8、資格は?
   これまた、う~ん、何か有るかしら・・・。
   あ、スキー準指導員の資格持ってます。

9、何か悩みは?
   いろいろ有るけど、一晩寝ればほとんど忘れる程度のものかな。
   しいていえば、無いものねだりの我が性格・・・(^_^;)

10、好きな食べ物は?
    なんでも口に入る物は好きですね。(目や口が卑しい、ともいう)
    肉より魚類のほうが好きかしら。
    将来は鶴田静さんのように、ベジタリアンになりたいの。

   嫌いな食べ物は?
    ゼリー・レバー

11、愛する人に一言を
     絵や彼女の方ばかり見てないで、少しは母さんの相手もしておくれ。
     (いまだ子離れしてない母より)

12、回す人の紹介
   ☆ kimukimuさん
       私がブログを開設した日に、初コメントをくれた記念すべき人。
       いっとう最初の、ブログ友達です。
       キルト教室を主宰されている、優しい人柄が感じられる方です。
   ☆ usiobasanさん
        北海道上川での酪農生活を、大変な事もあるのでしょうが、
        楽しくおかしく綴ってらっしゃる、とっても明るい肝っ玉母さんです。
        田舎志向の私を羨ましがらせる、罪な人でもあります。
   ☆ moさん
        イタリアトスカーナで、とても素敵な暮らしをされている、
        お料理が得意な人です。 コメント数も半端ではありません。
        写真も素晴らしいので、ぜひ出版を!とけしかけてますが。

お三方へ、
私も迷ったので、無理に受け取る必要はありません。一応バトンは回しますけど。
f0079157_934148.jpg

[PR]
by kero0131 | 2006-07-19 23:51

漆の美展

f0079157_736679.jpg

今日は、仕事つながりで「漆の美展」に行ってきました。
格調高い物はやはり格調高く、場所は明治神宮宝物展示室です。

漆工芸は、日本文化の伝統そして高価な物・・・と、ちょっと引いてしまいますが、最近では海外の人の作品やモダンデザインの作品も多くなったようです。
レ-ス編みに漆を塗って容器にした作品、ステンレスや貝・卵の殻を貼った作品、お人形、もちろん昔からの作法を取り入れた作品・・・どれも素晴らしくため息が出ます。
やっぱり高いのはしかたないのかなあ、とその工程を聞くと納得してしまいます。

また、石器時代に道具の石と棒を繋ぐために漆が使われていたとか、ハチが巣の接続部分に漆を使うとか、面白い話もお聞きしました。
昔から自然界にあるものを使って受け継がれた、世界に誇れる文化ですが、やっぱり私が手に入れられるのは、小物ぐらいでしょうか。
充分、目の保養にはなりましたけど・・・。
[PR]
by kero0131 | 2006-03-24 22:19